梶山シュウ/かじやま しゅう

電気ベース弾き、マルチ弾き語りスト、シンガーソングライター、放浪者

いろいろあったし いろいろやったが

 電気ベースを弾き、ギターも弾き、他も色々楽器を使い、

唄い、旅しながら暮らす音楽家になった。

電気ベースは民族楽器である、と捉え、ソロ楽器でもリズム楽器でもなく、

またソロ楽器もリズム楽器も越えた表現を追求してゐるよ

継続的なユニットとして

しーなとシュウ  Far east lounge  

に参加。

藤井政美(sax)とのデュオ エキセントリックジャズユニットりこズ

などでも対位方的なフレットレスベースのアプローチで奇跡的にハマる事がある

即興パフォーマンス・トリオ乱葛〜midarekazura〜

にも参加

またギタリストとして WADAバンド よなかのとうふ

なども演ってゐる

オカルトは信じないが、プリミティヴなものを信じる

歩く事と泳ぐ事が好きだったが、最近は腰が痛い

食パンが好きだが、ご飯もよく食べるやうになった

政治家とお役所が嫌い

インドで赤痢に罹った、サハラ砂漠を歩いた、ぢつは500歳である、200年前まで猫だった、などと色々噂もあるが

真相は不明


演奏依頼:随時受け付けております。お気軽にお便りをください。

電気ベース、ヴォイストレーニングの生徒さんも随時募集中。お気軽にお便りをください。


戻る